Home / Archive

Archive

ミシェル・ペトルチアーニ広場 - Place De Michel Petrucciani

ペトルチアーニの功績を称え命名された広場。パリ18区にある。
ペトルチアーニが暮らした地区に位置し、ベルシーニ - Versigny、セント・イサウレ - Sainte-Isaure、ドゥエズム - Duhesmeの三つの通りの交差点の広場に位置する。2002年6月18日(火)にパリ18区にて名称の議決がされる。2003年7月5日(9月5日とするものもあるが、パリ18区報には7月5日と掲載されている)には開会式が行われ、フランスのジャズ・ミュージシャンがペトルチアーニの曲を演奏した。

アクセス:地下鉄12番線ラマルク・コーランクール - Lamarck Caulaincourt駅下車徒歩10分。
背後の階段、コーランクール通り - Rue Caulaincourtに背を向け、 フォンテーヌ・デュ・ビュ通り - Rue De La Fontaine Du Butを真っ直ぐ下っていく。洋服屋さんや八百屋さん等が少なくなり、三つ又に交差する箇所で、ドゥエズム通り - Rue Duhesmeへ進む。人影も少なくなるがさらに進むと突き当たりのセント・イサウレ通り - Rue Sainte Isaureと交差する薬屋さんの前にペトルチアーニ広場がある。

はpoissonのコメントです。

モンマルトルの詳しい地図が記載されているガイドブックを持っていくことをお勧めします。



ミシェル・ペトルチアーニ広場 360度ビュー
【使用機材】
コンパクトデジタルカメラ:Richo GXR S10 24-27mm F2.5-4.4 VC
アダプタ:RICOH HA-3
魚眼レンズ:イザワオプト IDF-3
ステップダウンリング: 43-28(ノーブランド)
ステップダウンリング: 28-25(ノーブランド)
三脚:SLIK CompactⅡ
ソフト:PTGui Pro

ミシェル・ペトルチアーニ広場その1
右手の通りがドゥエズム通り - Rue Duhesme。この通りを真っ直ぐ進むとラマルク・コーランクール - Lamarck Caulaincourt駅になる。左手の通りがセント・イサウレ通り - Rru Sainte-Isaure。

小さな広場なので最初辿りついたのに気がつかず地図を眺めて何度も確認してしまいました。

ミシェル・ペトルチアーニ広場その2
薬屋の正面にタイルのようなもので描かれているグランドピアノ。右写真はその作成者エドゥアール・デトマー - Edouard Detmerの名前。

ミシェル・ペトルチアーニ広場その3
セント・イサウレ通り - Rru Sainte-Isaure、ドゥエズム通り - Rue Duhesmeの標識。


2004年にフランスの雑誌[ジャズ・マガジン]掲載されたインタビュー記事の翻訳をしていた際(詳しくはこちらへ)、フランスのYahooページからペトの情報を検索していたら、ペトルチアーニ広場の開会式の記事と写真数枚が掲載されたページに辿り着きました。いつか訪れたいと思いページのお気に入り登録をし、時が経ち、2006年1月にフランス旅行に出る前日これを印刷しようとしたら既にページが消滅されていました。ショックを受け、再度検索をし以下のページに情報が掲載されていたのでこれをプリントアウトし旅行に出発しました。

[2002年6月18日パリ18区議会報告書] - PDFファイル
[ラジオ・エトレシー・音楽情報サイト -Laremi]
[18区ジャーナル] - PDFファイル

[地球の歩き方フランス]にも詳しく掲載されていない界隈だったので辿り着けるか不安でしたが、「ドゥエズム通りはどこですか」とか「ペトルチアーニ広場ご存知ですか」とか聞きまくり着いたときには小躍りをしてしまいました。このページを参考に一人でも多くの人がペトルチアーニ広場に訪れることが出来たら嬉しい限りです。

当ウェブサイトを閲覧するための推奨ブラウザは、Internet Explorer9以上、Android4以上、iOS6以上です。Google Chrome、Mozilla Firefoxは、常時最新版をご利用ください。

© 2016 petrucciani1228.com. All rights reserved